女性が薄毛になる原因にはいくつか種類があります。女性薄毛の原因は基本的に加齢によって、もしくは出産後や過度なダイエットをすることによって、ホルモンバランスが乱れることによって起こります。女性特有の薄毛原因と種類をお伝えします。

髪の毛は大切

女子男性型脱毛症

女性の薄毛原因の一つに【加齢】が挙げられます。

歳を重ねることによって女性ホルモンが減少することにより、男性ホルモンの影響が強くなってしまいます。男性ホルモンが過度の分泌されることによって、男性の場合は男性型脱毛症が引き起こされ薄毛の原因になりますが、それは女性も同じで、同じように頭頂部や前髪の生え際などから薄毛が進行してしまいます。これらを女子男性型脱毛症と呼び、この、女子男性型脱毛症はホルモンバランスの乱れや機能低下などによって引き起こされます。加齢によって薄毛が起こる場合は、ホルモン治療を行うことによって、改善が期待できますし、頭皮を常に清潔に心掛けることも必要です。

分娩後脱毛症

女性特有の【出産】も薄毛の原因になることがあります。

出産後、女性ホルモンの活動が一時的に休止してしまうことがあるので、それによって薄毛が進行することがあります。これらを分娩後脱毛症と呼んでいますが、分娩後脱毛症による薄毛が半年から1年ほどで自然治癒をしない場合は、医療機関に受診をすることをおすすめします。分娩後脱毛症と同じように、過度なダイエットをすることで体調を崩すのと同じように、ホルモンの量も減少してしまったり過度に分泌されてしまうことがあり、それが原因で毛が薄くなってしまうことがあります。出産後は、一時的にホルモンバランスが崩れますが、半年ほどすれば正常な状態に戻りますから、薄毛(分娩後脱毛症)も自然と治癒することが一般的です。

ストレスや過度なダイエットも薄毛の原因になります

女性の薄毛がホルモンバランスの乱れ以外で引き起こされる原因として、ストレスがあります。ストレスによって毛が抜けるというのは以前からよく知られていることですが、自然に抜けることもあれば、自分で無意識のうちに強く髪の毛を引っ張ってしまっていることがあります。髪の毛を抜くことによって精神の安定をはかっているといわれていますが、ストレスが原因の場合は、精神科を受診したり、カウンセリングを受けるようにすることが必要です。ストレスの原因となるものを取り除くことによって、薄毛の症状が改善されることが多いです。

過度なダイエットの場合の薄毛・抜け毛には、無理なダイエットを控えて、栄養バランスのとれた食事や適度な運動、休憩をすることによって、薄毛や抜け毛が改善することが多いです。

シャンプーも薄毛の原因に?!

その他に考えられる女性の薄毛の原因として、シャンプーなどが頭皮にあっていない、もしくはシャンプーが綺麗に洗い流せていないため毛穴が詰まっているということがあげられます。シャンプーなどが原因で頭皮にダメージを与えてしまうと、フケが出るだけでなく毛が抜け、薄毛になることもあります。

また、乱暴なブラッシングをしてしまうことによって、頭皮全体が均等に薄くなってしまうことがあります。びまん性脱毛症と呼ばれる症状ですが、中年以降の女性に多くなっています。フケが出ると汚いからといってシャンプーなどで頭皮をゴシゴシ洗ってしまうと、さらに症状が悪化してしまいます。自分の体質に合ったシャンプーやリンスを使っているかわからない場合は、医療機関に受診してアドバイスを貰うことも必要です。