コラーゲンは女性の美容に良いとして近年高い注目を集めています。肌のつやを良くし、健康的な色にしてくれるとも言われており、コラーゲンの成分が含まれる様々な健康食品が発売されていることもあり、コラーゲンは女性の間では一つのブームになっている成分でもあります。

コラーゲンは女性の味方

コラーゲンの特性

コラーゲンの特性としてコラーゲンは単なる美容だけではなく、人間の体によって非常に重要な役割を担っている成分であることがわかっています。たんぱく質の一種であるコラーゲンは、体内に吸収されることでさまざまにその特性を変化させ、体内の様々な部分の機能の向上や健康の維持に役立っているのです。

コラーゲンが動脈硬化の予防に!

コラーゲンの効果の一つとして、動脈硬化の予防があります。現代人は脂を含む食べ物を多く摂取する傾向があり、コレステロールが増える傾向にあります。そのため血管が硬くなり様々な病気を引き起こす可能性が高くなっています。コラーゲンはこのような血管が硬くなることを抑え、柔軟な状態を維持するために非常に重要な役割を果たしています。

コラーゲン不足が薄毛の大きな原因?!

では、コラーゲンと薄毛の関係はどうなのでしょうか。

近年若い人の薄毛が非常に大きな問題となっています。その原因は従来は遺伝的なものという捉え方をされることが多かったものですが、最近ではその原因について様々な要因が研究されており、薄毛の対処法についても様々な研究結果が発表されています。
特に薄毛の大きな要因となるのがストレスや喫煙、飲酒など生活習慣の悪化による頭皮の血行不良ですが、その中にコラーゲンの不足も薄毛の大きな理由を占めることがわかっています。

コラーゲン生成能力が加齢によって衰えると

コラーゲンは肌をなめらかにする効果がありますが、そのほかにもコラーゲンは体内の細胞の活動を活発化し、柔軟にするという効果があります。ただし若いうちはコラーゲンが体内で活発に生成されるため外部から摂取しなくても十分に必要量を得ることができるのですが、おおむね20歳を超えたあたりからコラーゲン生成の能力が衰え、体のあちこちに影響が現れてくるといわれています。そのため生活習慣によっては皮膚の状態が悪化したり、血管や内臓の調子が悪くなってしまうなどの影響を及ぼしてしまう面があるのです。
頭皮についても同様で、その状態が悪くなると頭皮が柔軟性を失うため毛根が育ちにくくなり、結果的に抜け毛が増えてしまったり、髪の毛が細くなってしまったりといった現象を引き起こします。そのため、薄毛となってしまうことがわかっています。

積極的なコラーゲン摂取を!

そのため薄毛を解消するためには頭皮を柔軟にし毛根が生育しやすい状態を維持してあげることが重要で、そのためには頭皮に対してもコラーゲンが有効であるといわれているのです。
さらに最近では女性でも外で仕事をする人が多く、多くのストレスを抱えている人が多いため薄毛に悩んでいる人が増える傾向にあります。この場合にも原因は男性とほぼ一緒であり、この現象を解消するためにはコラーゲンが有効であるといわれているのです。

しかし、薄毛の原因は様々な要因が入り組んでいることが多く、必ずしもコラーゲンが誰にでも効果があるというものではありません。しかし、コラーゲンは健康に良いことは広く認められている成分でもあるので、積極的に摂取することが大切です。