薄毛治療は保険が効かない?!
基本的にクリニックなどでの薄毛治療に保険は効きません。

薄毛治療は行いたいが、費用が気になってなかなか踏み出せないという人も多いようです。
確かにクリニックでの薄毛治療は高額な料金がかかるイメージがありますので、何も知らずに受けるというのには抵抗があります。

しかし、女性の場合には特に髪の毛のボリュームが無くなるとお洒落も楽しめなくなりますし、髪の毛がやせ細ると美容院での施術にも不安を感じることがあります。女性の場合は何もしなくても自然に良くなるケースもありますが、それは比較的、若い人の話であり、ある程度の年齢になれば薄毛や抜け毛は加齢による症状ですので適切なケアを行わないと進行するばかりです。

実際に薄毛の治療を受ける場合には、専門の医療機関やクリニックで行うことになります。

保険が適用されれば自己負担がかなり少なく済むのですが、ほとんどのケースでは保険は適用されません。

女性に多いびまん性脱毛症も病気やけがなどではありませんので、日常生活に支障をきたすようなものではないと判断されます。そのため、薄毛の治療は美容整形などと同じような取扱いとなり、保険が適用されません。

ただし、これには例外があり、皮膚炎などの他の病気が原因となって症状が引き起こされてしまったケースや精神的な理由で発症したケースでは保険が適用されることもありますし、円形脱毛症も保険の適用が可能です。自分がどのケースに該当するのか、それによって保険が適用になるのかを確かめるためにも、一度受診してみると良いかもしれません。

薄毛の治療を受ける場合、服薬や外用薬を利用するのが一般的です。男性型脱毛症の場合にはAGAの時に利用されるミノキシジルも処方されますし、外用薬のパントスチンもよく使われます。内服薬では、最近パントガールが有名です。パントガールはびまん性脱毛症に有効な経口カプセルとして広く利用されており、このような処方で治療を行うのが一般的です。

処方薬の場合には料金もそれほどかかりませんが、メソセラピーHARG療法を行うとなると費用は高くなります。これらはよく似た治療法であり、栄養や成長因子を直接頭皮に注入することで毛根部分の働きを高めます。経口薬や塗り薬と違って直接的な作用をもたらしますので早く効果が出ますし、効果の出方も大きくなります。

もちろん自宅でも薄毛の対策、薄毛ケアをすることは可能です。

最近では優れた成分が配合されている育毛剤も続々と登場していますし、生活習慣を整えるだけでも大分違ってきます。

女性はストレスによるホルモンバランスの乱れが髪の毛のコンディションに現れることも多いので、ストレス対策を行うことでも薄毛の改善が高く期待できます。

初期の段階ならこれらを組み合わせて薄毛ケアの対策を行うことで良くなる可能性もありますので、必ずしもクリニックなどに行かなければならないわけではありません。しかし、色々と手を尽くしてはみたが効果が現れなかったという場合や、ケアを行っているのにも関わらず症状が進行している場合には、やはり専門家の力が必要です。

薄毛治療専門のクリニックで診察を受けることで原因が判明するケースもありますので、治療をしやすくなります。