女と男の薄毛治療は違う?!
女性の薄毛と男性の薄毛は原因や症状も違う事が多いため、治療方法もそれらに合わせて違ってくることが良くあります。

一般的に、男性は、髪の毛が抜け落ちていくのに対して、女性は、髪の毛が薄くなってきます。薄くなる部位や原因が違うことから治療方法もそれぞれに合わせて行ってきます。

女性の薄毛の原因で多いのが、ホルモンバランスによって引き起こされていることです。更年期障害と伴って、引き起こされることもあります。男性は、ストレスで薄毛が悪化する場合が多いです。そのため、治療方法も女性と男性では違ってきますので一緒に薄毛治療を考えている方には注意が必要です。

まず、女性の場合、薄毛を改善するのに、薄毛治療に合わせて、薄毛改善の対策として育毛剤と生活習慣の改善です。育毛剤は自分に合った栄養が頭皮に行きわたるものを選び、バランスの良い食事で生活習慣を整えます。

女性は男性と違い、遺伝的な薄毛の原因が少なくケアしだいではとても高い効果が期待できます。ホルモンバランスを整えることを第一に考え、髪の毛に栄養を行き届けることができれば改善することが多いです。

一方男性は、血流を改善し毛根の細胞を活性化させる方法が一般的です。このような点から見ても、原因が異なるため男女で治す方法が変わってきます。

しかし、自分のケアでは薄毛の改善に限界を感じている方や大きな兆しが見えない方には薄毛治療の専門クリニックでの治療を受けることが必要です。

まず、治療を受ける前にクリニックでしっかりとカウンセリングを受けて自分に合っているか、見極める必要があります。

カウンセリングは無料で行っているところもあり、行く前にしっかりと病院のことを調べることが大切です。病院では、薬の処方がメインとなりますのでアレルギーがないかどのような過程でそうなったのかを伝える必要があります。そこから、適切な施術を行ってきます。
病院・クリニックでは、ハーグ療法という最先端の再生医療も行っています。こちらは、注射によって毛乳頭を活性化させ毛幹を再生させ成長していきます。

現在では、全国的に施術ができる病院が増えてきているため効果も大きいことから注目されている方法です。ハーグ治療は、女性だけでなく男性にも効果が期待できるためどちらも施術が可能です。

また、内服による治療の場合はパンガールという薬を用いて行っていきます。こちらは、世界で初めて効果と安全性が認められ自分のペースで摂取することができるため安心して継続することができます。

外用薬で治療を行う方法もあります。毛乳頭に栄養を届け、活性化すると一般的に1~2ヶ月で効果が出はじめます。毛髪の成長を阻害する男性ホルモンを抑える成分も配合されています。

他にも、レーザーやサプリメントによる方法もありますので自分に合った方法をカウンセリングの際にしっかりと相談するべきです。

このように、男女比較してみると女の方の方が治しやすいことがわかります。原因がわかれば、効果も現れやすいと言えます。

保険が効かない自由診療の扱いになるので、多少費用は掛かりますが確実に効果が出るの魅力的です。

薄毛ばかり気にしてお出かけするより、毎日楽しく過ごすためにもいつまでもボリュームのある健康的な髪で過ごしたいですね。